オークション情報取得に失敗しました。一時的なものか、不具合・仕様変更の可能性があります。

オークション登録時、「オークション情報取得に失敗しました。一時的なものか、不具合・仕様変更の可能性があります。」と表示される。

取り急ぎ修正版を作成しました。下記リンクよりダウンロード、解凍し、2つのファイル(BidMachine.exe / BidMachineVM.dll)を
BidMachineをインストールしたフォルダ内の同名ファイルへ上書き
を行ってください。
http://lafl.jp/bin/bidmachine4.64_bugfix.zip

※ダウンロード、解凍したファイルをそのままダブルクリックしても起動やインストールはできません
※BidMachineをインストールしたフォルダというのは上のリンクのzipファイルをダウンロードまたは解凍したフォルダのことではありません。確認方法は下記。
※winzip等の有料ソフトは必要ありません。アンインストールしてエクスプローラーで展開するかフリーのソフトを利用してください。

署名用電子証明書の有効期限切れにつき申請中のため、
正式版は電子証明書発行後に発行します。
※今年から審査が厳しくなったようですので手続きに時間がかかる可能性があります。

署名がないため「WindowsによってPCが保護されました」と表示される可能性があります(SmartScreen)。
対応方法:https://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=0209-8188

お手数をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。

下記はあくまで補足情報になります。上記で理解できる方はお読みいただく必要はございません。

どうしてもできない方は追記10(一番下)の方法でもお試しください。(上記の作業を自動化したツールになります。)

■追記:
<<インストール先のフォルダの確認方法>>
デスクトップのBidMachineのショートカットアイコン(※1)を右クリックし、「プロパティ」をクリック、
「リンク先」のパスを参考にしてください(BidMachine.exeが格納されているフォルダ)。
「リンク先」がフルパスではない場合、「作業フォルダ」の部分をご確認ください。(追記)
上記のフォルダ内に格納されている該当ファイルをダウンロードしたもの(2つ)と入れ替えてください。
※該当フォルダには、上記2つ以外のファイルも存在します。
※1:スタートメニューではありません(※2)。ダウンロードしたファイルでもありません。デスクトップのBidMachineを起動するためのショートカットアイコンです。
※2:スタートメニューからの場合は、BidMachineのアイコンを右クリック、その他 > ファイルの場所を開く、
    開いた場所にショートカットアイコンがありますので、そちらを右クリックし、「プロパティ」をクリック...上記と同じ手順で行ってください。

上記ができない場合は、まず下記の場所を確認してみてください。(標準のインストールフォルダです)
BidMachine.exe / BidMachineVM.dll の2つがあれば、そのフォルダです。(それ以外のファイルも存在します。)
※エクスプローラーが拡張子を表示させない設定になっている場合は、.exe などは表示されません。
C:\Program Files\lafl software\BidMachine
または
C:\Program Files (x86)\lafl software\BidMachine(Program Files (x86) が存在する場合はこちら)

■追記2:
<<インストール先のフォルダの確認方法(その他)>>(4種類いずれか
・追記↑の方法で確認できる場合は必要ありません。
・下記1~4のいずれかの方法で、インストールフォルダ(BidMachine.exe / BidMachineVM.dll の2つのファイルが格納されているフォルダ)を探してください
    ※該当フォルダには、上記2つ以外のファイルも存在します。

1.ショートカットがない場合は、BidMachineを起動後、タスクマネージャーの右クリックからプロパティを確認することができます。
「場所」の欄を参照してください。
タスクマネージャーの解説(起動方法)は他サイトを参照ください。

2.デフォルト(インストール先を変えずに、初期値)のままインストールされた場合は、通常、インストールフォルダは、
C:\Program Files\lafl software\BidMachine
または
C:\Program Files (x86)\lafl software\BidMachine
となります。

3.ファイル検索で BidMachine.exe を検索してインストールフォルダを探す。
MasterSeeker等のツールを利用すると高速に検索できます。

4.一度BidMachineをアンインストールして、再インストールする方法もあります(データは維持されます)。
インストール先がわからない場合に、インストール先を確認するための方法です。アンインストール・再インストールで改善するわけではありません
既存のインストーラー(ダウンロードページ参照)で再インストール後、ダウンロード・解凍した2ファイルを上書きしてください。

■追記3:
<<上書き(書きかえ)方法>>(普通の方法です。ファイルの上書きの意味がわからない方がいらっしゃったのでやむなく追記しました)
エクスプローラーを詳細表示にしてください(更新日時が表示できます)。ファイル名拡張子も表示させる(チェック)した方がよいでしょう
https://www.billionwallet.com/windows10/explorer-view.html
エクスプローラーでBidMachineインストール先フォルダを開き、ダウンロード(解凍)したファイル2つを上書きする。
上書きというのは、ファイルをコピー・ペーストする時に同じ名前のファイルがあると確認画面が出て上書きになります。
https://hamachan.info/win10/win/hikaku.html
ファイル更新日で2つとも上書きできたことを確認。※書き換えた2ファイルとも12/2以降の日付になっていればOK
コピー元・ペースト先を逆にしないよう注意してください。逆にしてしまった場合は、新しいファイルが古いファイルで上書きされてしまうため、再ダウンロード・解凍が必要です。

■追記4:(注意点)
書きかえには管理者権限のあるユーザで行う必要があります。(アクセス権がないと上書きが拒否される)

■追記7:(注意点)
BidMachineが起動している状態では上書きできません
BidMahineの ファイル > 終了 メニューより完全に終了したことを確認の上、上書きしてください。

■追記8:(注意点)
zipの解凍(展開)とファイルの上書きは別に行ってください。
zipの展開先をBidMachineのインストールフォルダにしないでください(おそらく失敗します)

■追記6:
チェックポイント(問い合わせ前に必ず確認ください
1.リンクのURLのzipファイル(bidmachine4.64_bugfix.zip)が正常にダウンロードできたか
2.zipファイルを解凍して中にある2つのファイルが取り出せたか(修正版の BidMachine.exe と BidMachineVM.dll)
3.BidMachineがインストールされているフォルダが特定できたか(不具合のある BidMachine.exe と BidMachineVM.dll のある場所)
4.エクスプローラーで3のフォルダを開けたか
5.エクスプローラーで2のファイルを4の中のファイル(名前が同じ)に上書き(置換)できたか
※書き換えた2ファイルの更新日時を確認し12/2以降の日付になっていればOK

■追記5:
上記で改善しない場合や起動時エラーとなる場合の対応
・エクスプローラーで更新日時の確認(2ファイルともダウンロードした新しいファイルに一致している)
・もう一度、上記の内容を確認の上、再度実行
・ダウンロード、解凍したファイルをそのままダブルクリックしても起動やインストールはできません

■追記9:
改善しないケースは、おそらく、
・BidMachineインストール先フォルダの認識が間違っている
・ただしく上書きできていない(コピー・ペーストを逆にしている、2つのうち1つしか書き換えていない、等)
上記確認ください。
問合せの際は、エクスプローラーを詳細表示に設定し、インストール先フォルダを開いた状態でスクリーンショットをお送りください。
こちらで、インストールフォルダの認識が間違っていないか、2つのファイルが書き換えできているか(更新日時)が確認できます。

上記で解決できない場合は、返金等の対応を行います。

■追記10:
どうしてもできない方、こちらの方法でもお試しください。上記の作業を自動化したツールになります。
下記リンクのzipファイルをダウンロード・解凍(展開)して、「使い方.txt」を確認ください。
http://lafl.jp/bin/update.zip